メディア・ロボット事業部 概要



インターネットの大容量化が急速に進んでいます。並行して、新しいモバイル通信である5G(第5世代移動通信システム)の整備も着々と進んでおり、2020年にはわが国でも実用化される予定です。5Gの最大通信速度(容量)は10Gbps に達します。これは4G(第4世代移動通信システム)の135倍に相当します。これらは以下の様なICT環境の激変をもたらします。

  • 文字、画像主体であったSNSやホームページは動画中心に進化します。
  • 従来の「電波テレビ」はインターネット経由の「WEBテレビ」に進化していきます。
  • スマホはパソコン、家庭用テレビのフル機能を備えるようになります。

弊社では上記に対応するために必須な以下のサービスおよびシステムを提供します。


(1)RMPS: ロボット動画制作サービス

マイクロソフトパワーポイント(以下PPT)のノート欄にセリフを記述したファイルを送付いただくと、ヒト型ロボットのナレーション、トークで動画を製作し納品します。「仮想ユーチューバー」を進化させた動画制作サービスです。人間やアニメキャラクターによる動画に比べ、超低コスト、高レベル多言語トーク、人種差別皆無、性差別皆無、訛り皆無などの多くの特長を有しています。ホームページの動画化、教育のオンライン化など幅広いニーズを高いレベルで支援いたします。


(2)REMS: ロボットイベントサービス

展覧会、大学祭、学会などの各種イベントでの製品説明、会場案内、講義代行、ポスター説明などを人型ロボットが行うサービスです。人間によるプレゼンテーションに比べ多くの有利な特長があります。すなわち、1)無限に連続して正確なプレゼンテーションが実現します。2)日本語、英語、中国語をネイティブ並みの発音でしゃべります。3)人間やアニメーションキャラクターの数分の一の費用で実現します。4)集客能力がけた違いに大きくなります。


(3)WEBTV: 大規模WEB動画配信システム

動画中心のWEBサイトを提供いたします。「静岡大学テレビジョン」(https://sutv.shizuoka.ac.jp/)、「静岡コミュニティチャンネル」(http://sltv.shizuoka.ac.jp/)などの多くの実績があります。 数千本の動画をラインアップしてもレスポンスの低下や容量不足が発生しない高性能動画クラウドサイトを短期間、低予算で実現できます。大学、自治体、企業の強力な広報、教育、営業手段などの高度なニーズに応えることが出来ます。5G時代にジャストフィットする、ホームページの動画化を予定されているユーザの期待に高いレベルでお答えします。


(4)RIFS: 金融業向けロボット情報発信システム

銀行、信用金庫などの金融業の窓口説明業務やインターネットの情報発信を行うRPA(Robotic Process Automation)システムです。複雑で多岐にわたる金融業に関する様々な事項のお客様への正確な説明、インターネットへの配信を人間に代わってロボットが行うシステムです。窓口にタッチパネル機能付き大型ディスプレーと人型ロボットを設置することにより、お客様のご要望応じて正確でわかりやすい説明を行います。会話も行うことが出来ます。また、インターネット上にも同様の説明を配信することが出来ますのでいつでもどこへでも情報を届けることができます。金融業のサービス向上、業務効率向上に大きく貢献することが出来ます。