映画で見なおす同時代史

映画で見なおす同時代史

梅野 正信(著)

  • 本体価格700円(税別)
  • 単行本: 144ページ
  • ISBN-13: 978-4864740852
  • 発売日:2017/8/25

 

この本をAmazonで購入する

 

内容紹介

本書で取り上げた映画は、特定の国、あるいは特定の地域にあって、長い年月の間公的に表明することを許されず、顧みられなかった歴史的事実が、描かれている。
その国の、ある地域の人々は誰もが知っており、知っていて公言することを禁じられ、いつか事実の明らかにされることを願っていた事実である。
これらの映画は、見る者に、これまで自身が自明のものとして落ち着かせ納得させてきた歴史的印象、歴史的評価の変更を求めてくる。

【作品】
戦争と人間(日本)
カティンの森(ポーランド)
黄色い星の子供たち(フランス)
愛と哀しみのボレロ(フランス)
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々(ドイツ)
ひめゆりの塔(日本)
悲情城市(台湾)
ブラザーフッド(韓国)
おじいさんと草原の小学校(ケニア)
君の涙ドナウに流れ(ハンガリー)
夕凪の街 桜の国(日本)
さらば、わが愛 覇王別姫(中国)
ブラディ・サンデー(北アイルランド)
光州5・18 (韓国)
ホテル・ルワンダ(ルワンダ)

 

著者紹介

梅野正信(うめの まさのぶ)
上越教育大学理事兼副学長

<著者略歴>
1955年 長崎生
1988~2000年 鹿児島大学講師、助教授、教授
2003年 博士(学校教育学)
2008~2017年 上越教育大学教授
2017年から現職

著書(単著)
『教育管理職のための法常識講座』上越教育大学出版会(2015年)
『裁判判決で学ぶ日本の人権』明石書店(2006年)
『日本映画で学ぶ教育・社会・いのち』エイデル研究所(2005年)
『中学校社会科歴史教科書成立史』日本図書センター(2004年)
『いじめ判決文で創る新しい人権学習』明治図書(2002年)
『和歌森太郎の戦後史』教育史料出版会(2001年)
『社会科はどんな子どもを育ててきたか』明治図書(1996年)