物流の視点から考えたアジアのグローバル化

教養新書物流の視点から考えたアジアのグローバル化

ワンラックカー(30万円自動車)の衝撃と新「ガンダーラの道」構想

  • 著者:岩間 正春
  • 新書: 147ページ
  • ISBN-13:978-4903859101
  • 発売日: 2008/4/15
  • 定価:1,050円

2015年その時の人口予測は中国14億人、インド13億人。一人頭の年間所得を3000ドルと定義した「中間富裕層」が現在の伸びでいくと、ほぼ中国20%、インド10%になる可能性があり、2億8千万人と1億3千万人の「巨龍」と「巨象」のビジネスがアジアにおいて展開されることになる。 そのインドでワンラックカー(30万円自動車)が製造される。現在、アジア13国で2億4千万台のオートバイが普及しているが、この10%がワンラックカーに切り替わったとしたら、どうなるか? 2007年度の国内自動車販売台数は中国879万台、日本535万台。この2国分の倍の車が、ある時期、アジアで流通するとしたらどうなるか? 環境問題は大丈夫なのか?鉄鉱石などの資源は大丈夫なのか? 本書は近未来の予測も踏まえたアジア論でもある。

著者について

岩間 正春(いわま まさはる)

1954年宮城県生 1978年早稲田大学商学部卒 同年4月住友商事入社、以降一貫して物流を担当する。1988年12月よりドイツ住友商事駐在、駐在中の91年10月にスミトランス欧州を設立、副社長。1998年7月よりインドネシア・ブ カシコンテナターミナル社長(在任中後に社名変更、現在はインド・サミット・ロジスティクス)、2002年8月に帰国、物流企画部副部長、スミトンランスジャパン社長補佐などを経て、07年1月に退社。同年2月より「物流工房 (株)オフィスイワマ」を設立、代表。

本の中身を少し見てみる

正誤表

序章

P1・16行目

  • (誤)と指摘であった
  • (正)との指摘であった

P2・ 3行目

  • (誤)大田財政金融政策担当大臣
  • (正)大田経済財政相

第1章 

P21・23行目

  • (誤)今では相談役退いた
  • (正)今は相談役に退いた

P23・3行目

  • (誤)紅色の真っ赤で
  • (正)(真っ赤)を削除

第2章  

P33・13行目

  • (誤)天津・青島が港の窓口になる
  • (正)天津・青島が北京の窓口になる

P34・18行目

  • (誤)フェリーに乗り
  • (正)フェリーに乗せ

P36・1行目 

  • (誤)登用があった
  • (正)登用があった

第3章

P46・2行目

  • (誤)  出を振り返って
  • (正)(2文字左に詰める)

第5章

P75・12行目

  • (誤)共同作業を行う
  • (正)共同作業で行う

第6章

P86・14行目  

  • (誤)睨んでいる
  • (正)睨んで

第7章 

P90・12行目

  • (誤)FT(物流)
  • (正)LT(物流)

P91・17行目?

  • (誤)この国に生命線である。
  • (正)この国の生命線である。

第8章 

P100・3行目

  • (誤)センターの支援のため
  • (正)センター支援のため

P104・4行目

  • (誤)ODAは100位
  • (正)ODAは10位

第9章 

P110・16行目

  • (誤)民間であれば
  • (正)民間企業であれば

P136・17行目

  • (誤)この辺に一石を
  • (正)この辺にも一石を