サプライチェーンにおける先行需要予測情報 内示の活用 -レジリエントな在庫管理・調達管理の為の理論/技法/実践-

サプライチェーンにおける先行需要予測情報
内示の活用
-レジリエントな在庫管理・調達管理の為の理論/技法/実践-

上野 信行 (著)

 Amazoの商品ページ

ご購入を希望される方は著者に連絡をお取りください。
連絡先メールアドレス:uenoujinabusi@yahoo.com 

  • 本体価格3,600円(税別)
  • 単行本: 176ページ
  • ISBN-13: 978-4864741798
  • 発売日:2023/12/22

著者紹介

上野 信行 (うえの のぶゆき)
1948年 兵庫県に生まれる
1974年 大阪大学大学院工学研究科修士課程修了
住友金属工業株式会社(現日本製鉄(株))
2001年 広島県立大学経営学部教授
2005年 県立広島大学経営情報学部教授(初代学部長)
2015年 広島経済大学大学院経済学研究科教授
現在 県立広島大学名誉教授 広島経済大学名誉教授
博士(工学)

主な著書 サプライチェーンマネジメント講座
「内示情報と生産計画-持続可能な社会における先行需要情報の活用-」(朝倉書店)

内容紹介

 サプライチェーンにおいて,内示(発注者からメーカーなどに提示する注文予定情報)は不確実性・あいまい性を持つために,「そのデータは使いにくい」と考える企業は多い.
 本書は,このような内示の特性を見極め,有効性を解明し,レジリエントな在庫管理・調達管理業務に効果的に活用する方法と実際を指南した初めての書である.
 主な内容は,①内示は6つの特性と5つの有効性がある(1章) ②内示を使った在庫管理法は需要変動追従性に優れ,従来の安全在庫法を凌駕する(6章)③内示は先行需要予測情報である(6章)④内示取引プロセスには,「ブレを修正する仕組み」と「暗黙の協調原理」が潜在する(8章)⑤実務データを直接反映した「そのまま分布」は非常に効果的である(11章)⑥例題を用いた丁寧な技法の説明(3章,5章)⑦内示を用いる時の留意点(13章)などである.
 また,用語集,統計解析ソフトRのコードなどを付録に掲載している.受・発注業務に携わる実務家,DX推進者,研究者・学生,本書をそれぞれの専門分野の応用事例と捉える専門家向け.

(目次)
Ⅰ部 理論・技法編(1)-内示モデルと発注計画
 1 内示とは
 2 内示プロセスの記述
 3 内示モデル
 4 在庫レベルのリスク評価
 5 内示を用いた発注計画の作成手順
 6 内示を用いる在庫管理法の優位性
 I部まとめ
Ⅱ部 理論・技法編(2)-内示の時系列特性
 7 内示の時系列分析
 8 内示の時系列特性
 9 内示の予測効率性
 Ⅱ部まとめ
Ⅲ部 実践編-内示業務プロセス
 10 内示業務プロセス
 11 離散型ブレ分布を用いた在庫リスク評価
 12 資材所要量計画における需要の不確実性への対応
 13 内示の理論の適用時の留意点
 Ⅲ部まとめ
 14 今後の課題
付録
参考文献
索引