大災害から命を守る知恵、術、仕組み -実話に基づいて綴る避難の現状と対策-

大災害から命を守る知恵、術、仕組み -実話に基づいて綴る避難の現状と対策-

鈴木 猛康 (著)

 

9784864740449

  • 本体価格 1,300円(税別)
  • 単行本: 174ページ
  • ISBN-13: 978-4864740449
  • 発売日: 2014/11/21

 

この本をAmazonで購入する

内容紹介

自然の力はあまりに大きく、これからも未曾有の自然事象が繰り返されます。大災害を経験するたびに、想定や制度を見直され、災害対策が充実してきました。
しかし、地震や火山噴火の予知、局所的な集中豪雨と土石流の予測のための科学技術は、残念ながらまだ人類に備わっていません。
大災害を乗り切るためには、私たち一人ひとりが知恵をつけ、術を習得し、そして仕組みを活用しなければなりません。
本書では、災害の実例や筆者が実施した実験を通して、災害対策に関する提案をしています。
行政の皆さんから住民の皆さんまで、幅広く読んでいただき、大災害に備えていただければ幸いです。

著者について

鈴木 猛康(すずき たけやす)
1982 年東京大学大学院工学系研究科資源開発工学専攻修士課程修了。民間企業にて地震工学に関する研究、技術開発、耐震設計実務に従事。
1992 年東京大学工学博士。
2004年~2007 年(独)防災科学技術研究所川崎ラボラトリー。
2007 年より山梨大学大学院教授、東京大学生産技術研究所研究員、特定非営利活動法人防災推進機構理事長。 2011年より山梨大学地域防災・マネジメント研究センター・センター長。山梨県防災アドバイザー、山梨県防災体制のあり方検討委員会委員長、山梨県強靭化有識者会議座長等を歴任。
2012 年~2014 年日経グローカルに「ここが足りない自治体防災」、「事例に学ぶ自治体防災」を連載。
著書は「地震動のローカルサイトエフェクト(丸善)」、「巨大災害を乗り切る地域防災力(静岡学術出版)」等。査読論文100編以上。