字遊字観

一般教養ブックス
字遊字観

  • 著者:吉野 公英(著)
  • ISBN-13:978-4903859552
  • 発売日:2011/3/15
  • 定価:1,050円

 
 

漢字は、その一文字一文字が、豊かな芸術性に彩られた見事なデザインです。
誕生から遥かな時を越え、現代に生き続ける漢字のルーツについては、時代ごとに言い伝えられてきた俗説と、研究者が膨大な資料を元に裏付けてきた学説があります。
本書では、124の項目に分けて漢字を取り上げ、字源を解説します。俗説や学説にヒントを求めつつ、独自の推理で字源解釈の可能性を広げてみます。
本書を機会に、もっと自由な発想を楽しみつつ、漢字の字解や継承に関心を持っていただければ幸いです。

著者について

吉野 公英

【著者創作略歴】
一九四九年 静岡県富士市生まれ
一九九四年 静岡銘菓「茶ップリン」創作
二〇〇七年 絵画「富士山四景」他(鳥瞰図)
二〇〇八年 創作和本「字解」「続・字解」
二〇一〇年 アクリル絵画「浅草ロック」他
二〇一一年 「字遊字観」出版 「雑兵の戦い」を表紙画とする