独占禁止法の体系的理解 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ

一般教養ブックス

独占禁止法の体系的理解Ⅰ 一定の取引分野における競争の実質的制限と正当化事由

  • 著者:大録英一 (著)独占禁止法の体系的理解Ⅰ
  • ISBN-13:978-44903859736
  • 発売日:2011/12/15
  • 定価:500円

 
 
 
 
 
 
 

独占禁止法の体系的理解Ⅱ 各類型の区別及び他の法との関係

  • 著者:大録英一 (著)独占禁止法の体系的理解Ⅱ
  • ISBN-13:978-44903859743
  • 発売日:2011/12/15
  • 定価:500円

 
 
 
 
 
 
 

独占禁止法の体系的理解Ⅲ 不公正な取引方法各論

  • 著者:大録英一 (著)独占禁止法の体系的理解Ⅲ
  • ISBN-13:978-44903859750
  • 発売日:2011/12/15
  • 定価:500円

 
 
 
 
 
 
 

独占禁止法の体系的理解Ⅳ 展望

  • 著者:大録英一 (著)独占禁止法の体系的理解Ⅳ
  • ISBN-13:978-4864740104
  • 発売日:2013/4/15
  • 定価:500円

 
 
 
 
 
 
 

独占禁止法の体系的理解 Ⅰ〜Ⅲセット

  • 著者:大録英一 (著)独占禁止法の体系的理解 Ⅰ〜Ⅳセット
  • ISBN-13:978-44903859767
  • 発売日:2011/12/15
  • 定価:1,500円

 
 

独占禁止法の体系的理解 Ⅰ〜Ⅳセット

  • 著者:大録英一 (著)
  • ISBN-13:978-4864740142
  • 発売日:2013/4/15
  • 定価:2,100円

 

内容紹介

独禁法は近年の改正により、課徴金が、私的独占の排除にも支配にも、不当な取引制限にも、また不公正な取引方法の一部にも課せられ、しかも、その率が異なる。
そこで、私的独占、不当な取引制限、不公正な取引方法の体系的理解と各類型の明確な区別が急務になっている。
本書は、独禁法のさまざまな問題に対して、経済学的に筋を通して、独禁法の体系的理解を図ろうとする研究書である。
重要な事件、司法試験問題、論点を網羅し新しい角度から検討するように努めたので、新しい時代の法学部上級、大学院、法科大学院の教科書としても使うことができると思われる。

著者について

大録 英一

1948 年 東京都生まれ
1970 年 東京大学法学部卒業
1970 年 公正取引委員会(~1997 年)
1997 年 香川大学法学部教授
2002 年 駿河台大学法学部教授(現在に至る)