地代論と価値論の止揚

教養ブックス
地代論と価値論の止揚

  • 著者:小栗 克之(著)
  • ISBN-13:978-4903859842
  • 発売日:2012/2/20
  • 定価:1,050円
  • 単行本(ソフトカバー):180ページ

 

 

 

内容紹介

本書は、マルクス経済学の従来からの諸疑問点に対する一つの解答書である。諸疑問点とは、地代の価値源泉やその価値実現過程、価値実体の基本的なとらえ方、「総剰余価値=総利潤」は成立するが「総価値=総生産価格」は成立しない(地代は捨象)とする総計2不一致説などである。
本書は、それらの疑問に対する解答だけではなく、解答としての労働価値論(総労働時間=総価値=総価格、いわゆる総計2一致説)に立脚して、農業技術進歩による農産物の生産費の低下傾向(稲作を事例として)や一般的な技術進歩による生産部門の剰余価値率の内在的増加傾向を、日本の統計データからはじめて実証的に分析し、明らかにしたものでもある。
いわば、理論的、実証的な書である。

本の中身を少し見てみる

著者について

小栗 克之(きおぐり かつゆき)

1966年 岐阜大学農学部卒業
1971年 九州大学大学院博士課程 単位取得満期退学
現在 岐阜大学名誉教授・農学博士・東京農業大学教授
著書(共著)に、「食料経済」、「環境保全と山村農業」、「農畜産物生産・流通の国際化対応」、「いのちを問う」など。