The cultural integration process of female Asian migrants at German

【知の偉産シリーズ】 人文00001 [DVD-ROM]

The cultural integration process of female Asian migrants at German【知の偉産シリーズ】 人文00001 [DVD-ROM]

The cultural integration process of female Asian migrants at German【知の偉産シリーズ】 人文00001 [DVD-ROM]

  • 著者:山崎 智恵美 (著)
  • DVD-ROM: 107ページ
  • ISBN-13: 978-4903859781
  • 発売日: 2011/12/1
  • 定価:525円

 
 
 
 

内容紹介

近年の大学進学率の上昇に伴い、高学歴女性の数は目覚しい勢いで増加した。
もはや女性が大学を卒業すること、あるいは修士・博士に進学することは珍しく なくなった日本ではあるが、その受け皿となる就職市場では未だ女性は 劣勢に 置かれている。

自身が期待する仕事のポジションを得られなかった女子生徒はいったいどこへ行 くのだろうか?
低い給料の職場で我慢する、あるいは専業主婦となる、といった選択肢の他に、 より高いポジションを求めて新天地へと旅立つ人々もいる。
それが、「高学歴女性移民」である。北米やヨーロッパへと留学するアジア人女 子留学生の数は近年劇的に急増している。

彼女たちの共通点は、高い学歴と能力を持ち、かつ自国の保守的な性別役割分業 感によって就職市場で不利な立場に置かれていた層だということである。
そこで、押し出される形で欧米へと留学し、より高い学力を身につけるのだが、 そこでさらに新しい問題が発生する。

それは、「留学生」あるいは「学生」という立場では発生しなかった、「女性」 あるいは「欧米に住むアジア人女性」という一個人としての問題である。
就職先、結婚、出産、あるいは両親の介護といった問題は自身の進路の希望と切 り離して考えることはできず、「女性」として生きるがゆえに、それら の問題 から逃れることはできない。
時としてパートナーとの結婚は就職を諦める要因となり、両親の介護は永久帰国 する要因となる。

本研究は、現代の移民研究において見逃されがちであった「女子留学生」として の立場にフォーカスし、ドイツにおけるアジア人女子留学生を例として 質的に 分析している。

著者について

山崎 智恵美(やまざき ちえみ)

2009年11月ドイツ国立オルデンブルク大学にて修士(社会学)を取得。
帰国後、お茶の水女子大学の博士課程に入学。
現在はドイツにて国立ブレーメン大学の文化学分野の研究生として学んでいる。
「アジア人女性留学生とジェンダー」をテーマとした本修士研究は、著者が修士 時代をドイツの大学にて過ごした体験をもとに着想を得ている。
本研究ではインタビューを基調とした質的研究法を用いており、北ドイツに住む 幅広い国籍のアジア人女性の協力により完成したものである。
この場を借りて協力していただいた皆様に再度お礼を申し上げたい。
現在の関心事項は、修士研究を発展させ、映像文化におけるアジア人女性とステ レオタイプであり、将来ドイツにおいて博士論文としてまとめることを 目標と している。