悪い成長 悪い競争 −資本主義の核心知足共生−

悪い成長 悪い競争 −資本主義の核心知足共生−

西岡 健夫 (著)

  • 本体価格2,000円(税別)
  • 単行本: 292ページ
  • ISBN-13: 978-4864740951
  • 発売日:2018/3/10

この本をAmazonで購入する

内容紹介

環境汚染破壊、経済的格差、テロの脅威、心の病、過労死、企業不祥事など諸問題が山積する中で、成長一点張り、競争至上主義は正しいのか?
資本主義経済の核心を探り、経済とは何か、企業の目的は何かなど根本原理を考察したうえで、処方箋として整備強化すべき制度・ルールを提示し、理念として知足共生を提唱する。

著者について

西岡 健夫 (にしおか たけお)
1943年 ⼤阪府茨⽊市⽣まれ
1966年 京都⼤学経済学部卒
⼤阪ガス株式会社⼊社
在籍中⼤半の13 年間、社⻑室にて総合企画、新規事業、調査などを担当
1969〜70年 ⽶国ミネソタ⼤学⼤学院に留学(会社より派遣)
1981年  ⼤阪ガス退社
⽻⾐学園短期⼤学講師
京都⼤学⼤学院研究⽣
1987年  追⼿⾨学院⼤学に移籍
経済学部助教授
1993年  経営学部教授
教務部⻑、経営学部⻑など歴任
1999年  京都⼤学より博⼠号(経済学、論⽂博⼠)
2004〜07年  追⼿⾨学院⼤学副学⻑(理事)
2014年  追⼿⾨学院⼤学定年退職
現在、追⼿⾨学院⼤学名誉教授

主要著書
『企業と経済・社会システム』(晃洋書房、1985 年)
『市場・組織と経営倫理』(⽂真堂、1996 年)
『成熟社会の企業学』(⽂真堂、2003 年)

ページ上部へ戻る

Copyright(c) 株式会社 ITSC